バゲット!

f0070713_14195117.jpg


f0070713_14201077.jpg



バゲット”を焼いた。

バゲットと言っても、オーブンの都合で、短足バゲット。
バタールより短いかも。

久しぶりに、イーストを使ったパン。
でも、ポーリッシュ法で作ったので、すごーく少量のイーストしか入っていないんだよ。


ポーリッシュ法は、
強力粉、水、ひとつまみのイーストを混ぜ、
一晩置いてぶくぶくしてきたものを、水種とする。

その水種、強力粉、塩、水、微量イーストをこね、
一次発酵、二次発酵を経て、焼成。

焼きあがったバゲットは、本当はもっと気泡ができるはずなんだけど~。。。
このくらいの気泡で許してあげよう。
恒温器もないしさ。


この方法で作ると、もっちもっちで、美味すぃ~!
香も、酒種のようなにおいがするよ~。


f0070713_1420417.jpg


[PR]
Commented by hanatomo31 at 2009-11-19 22:49
表面にある小さな気泡(ぶつぶつ)?も美味しそうに見えるポイントですね!!
パンの発酵のさせかたにもいろいろあるんですね。
世界中でパンが食べられているのだから、それだけ沢山製法にバリエーションがあっても不思議はないけれど、でもやっぱり凄いな~と思わずにいられません。
Commented by sawatans at 2009-11-20 14:08
hanatomo31さんこんにちは。
どうして表面にブツブツができるのか、よく分からないのです。
焼く前の霧吹き水かしら?
本当に、色々な方法がるので、ついつい試してみたくなっちゃうのです。

パン作りの起源がメソポタミアで、古代エジプトで自然発酵のパン作りが生まれたと言われてますから、長い歴史を経てますもんね。
Commented by RS at 2009-11-21 09:48 x
パンは、本当に歴史のある食べ物ですね。
最初に作り出したのはどこのどなたでしょう?
ノーベル賞以上ですね。
人類はパンを食べる前、何を食べていたんでしょうか・・・
考えると夜も眠れなくなります。。。
Commented by sawatans at 2009-11-21 22:55
RSさんこんにちは。
今私達が食べている小麦は、3粒系の小麦なんですが、
5~6000年前の古代エジプトで食べられていた小麦は、
古代カムットという、2粒系のデュラム小麦なんだそうです。

エジプトでは、種継ぎをして、発酵させる技術があったらしいので、
もう、考えただけですごいことですね。
Commented by mas2000boo at 2009-11-22 03:37
なんか最近またパン作りたくなってきた。
・・・って話をしたら、クロワッサンがいいって言われた(^_^;
本職のsawatansさん的にはどうなんでしょう、その辺り。
Commented by sawatans at 2009-11-24 14:48
マーチンさんこんにちは。
是非作って下さいよー。クロワッサン!

クロワッサンは、あまりのパターの量に、自分用には怖くて作れません。
6個くらい作るのに、練りこみ用、折込用あわせて、
バター一本半から、2本使うんですもん。ひえー!でしょ。

でも、自分で作ると美味しいですよん。
by sawatans | 2009-11-19 14:32 | BREAD | Comments(6)

パンのこと、美味しいこと、日々のこと


by sawatans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30